日本語英語問わず、絵本って面白い! そんな面白かった絵本、児童書を独断と偏見で紹介しています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
2013年04月30日 (火) | 編集 |
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(1977/04/25)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る



シュールな絵本、というのが一番伝わりやすいのか、なんとも不思議な絵本です。

文章は谷川俊太郎さん。
そして絵は、日本のシュールレアリストの元永 定正さん。

地面と思われる場所から”何か”が「もこ」っと出てきて……
[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
シュールな絵本『がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)』
2013年04月23日 (火) | 編集 |
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
(1987/06/30)
安西 水丸

商品詳細を見る



作者の安西水丸さんは、個人的に大好きなイラストレーターです。

あの短いページの中に、大人には理解不能ですが、子どもにはわかりやすい、不思議な絵本を描いてくれました。

愛子さまが大好き、ということでかなり世間に知られた絵本という話をどこかで読みましたが、うちの息子も0歳児のとき、大好きでした。

[続きを読む...]
野菜にだって、顔がある?
2013年04月16日 (火) | 編集 |
息子が生まれた時、どうやって数字やアルファベットを教えよう。
いろいろと探してみたけれど、これだ! と思えるものに、なかなか巡り会えませんでした。

そんな時、図書館で息子が1歳くらいのときに出会ったのがこの絵本です。

Food For Thought: The Complete book of concepts for growing mindsFood For Thought: The Complete book of concepts for growing minds
(2005/02)
Saxton Freymann、Joost Elffers 他

商品詳細を見る



思わずうなってしまいました。

出演している野菜たちの表情豊かなことと言ったら。


[続きを読む...]
テーマ:洋書の絵本
ジャンル:本・雑誌
『かいじゅうたちのいるところ』は、どんなところ?
2013年04月02日 (火) | 編集 |
Where the Wild Things AreWhere the Wild Things Are
(1988/11/09)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

この絵本はアメリカの子どもたちの「マスト」のひとつ。
こちらも古典といっても過言でないほど。


かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ
(1975/12/05)
モーリス・センダック

商品詳細を見る

日本語版も、もちろんあります。

我が家には、英語版と日本語版、両方あります。

というのも獅子丸が1歳半の時に友だち家族から英語版をいただいて、4歳のときにブッククラブからいただきました。


[続きを読む...]
教科書にも載っている『スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし』
2013年03月30日 (土) | 編集 |
スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなしスイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
(1969/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る



レオ・レオニの絵本といえば、この『スイミー:ちいさな かしこい さかなの はなし』が一番有名なんでしょうか?

息子が4歳の時に、ブッククラブから届きました。

その当時、息子を預けていた託児所に英語版があったので、図書館で探して読んでみました。
この絵本を借りたとき、図書委員のお姉さんが「この絵本、あたし大好きなのよ」と言っていたのが印象的です。

[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。